Hatena::Groupsub

空想手仕事館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2015-04-26手作りって楽しい!DIYしたくなる3冊

手作りって楽しい!DIYしたくなる3冊

| 11:37 | 手作りって楽しい!DIYしたくなる3冊 - 空想手仕事館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 手作りって楽しい!DIYしたくなる3冊 - 空想手仕事館

GWにトライする人もいるでしょうね!

かばんをカスタマイズしたり、家具を壁紙でリメイクしたり。日常アイテムを自分らしくカスタマイズする手作り女子が、最近、増えているそう。4月24日(金)に東京初進出のリアルDIYショップ「DIY FACTORY」が二子玉川ライズにオープンしたばかりだし、DIYに興味を持っている女子は少なくないのでは? 

そこで、住まいについての書籍と雑誌をとり揃えた京橋の「LIXILブックギャラリー」の店長、太宰さんにDIY初心者におすすめの3冊を選んでもらった。長いお休みが取れるG.W.中に、DIYデビューをしてみる?

◆おしゃれなパリジェンヌDIY術から学ぶ

パリ在住で、フォトエッセイやガイドブックの執筆活動やヘアメイクを行っている著書が、自身の住まいである素敵な家と部屋を紹介する。あまりなじみのない言葉“ブリ・コラージュ”とは、フランス語DIYのことで、文化人類学者・レヴィ=ストロースが提唱した概念なのだそう。

「おしゃれでセンスがよく、真似したくなるような個人宅を写真で見せてくれる1冊。ちょっとした棚の作り方や、真似したくなる色合わせや小物使いなど、すぐに役立つアイデアが満載です。部屋を彩るパリならではのおしゃれな工夫に、心くすぐられるはず」

『パリのブリコラージュ』とのまりこ著/学研パブリッシング/1944円


◆壁紙をカスタマイズして私らしい部屋に!

壁紙を使って、簡単にどんな場所でも自分らしく空間をリノベーションする方法を指南してくれる。

インテリアのイメージを壁紙で変えたい!と考えている方にぴったりな入門書です。壁紙を張るのに必要な基本の道具や、壁紙の種類、壁紙に合わせたのりの選び方など、基本のキを、写真で説明してくれます。材料を購入できるお店の情報なども参考になると思います」

部屋の中でいちばん大きな割合を占める壁紙。カスタマイズすれば、世界に1つしかない、お気に入りの空間が生まれるはず。

DIYでできる壁紙リノベーション』住まいと暮らしの雑誌編集部編集/主婦と生活社/1512円


◆究極のDIYで安く自宅を手に入れる方法

建物に車輪が付いていれば建築物とはみなされない、という法律の盲点を発見し、予算3万円足らずで“モバイルハウス(移動できる家)”という車輪付の家を造った著者。路上生活者の老人から啓示を受けたというところからモバイルハウス完成までの軌跡を綴った本書は、住まいにおける今までの常識を覆す一冊かも?!

「ローンを支払うために生活苦に陥りながら家を手に入れる、という日本の問題点を指摘する側面も。ドキュメントとして楽しく読めるだけではなく、家とは何か、を改めて考えるきっかけにもなる本です」

モバイルハウス 三万円で家をつくる』坂口恭平著/集英社新書/756円【オズモール】

オズモール 4月25日(土)23時30分配信

ウッドデッキなんかが人気でしょうね☆

空想手仕事館

2013-04-12ソーホースを作ってみたい!

ソーホースを作ってみたい!

| 00:14 | ソーホースを作ってみたい! - 空想手仕事館 を含むブックマーク はてなブックマーク - ソーホースを作ってみたい! - 空想手仕事館

基本、フローリング貼り程度しかDIYはやらないタイプですが、「キノコの種駒打ち」や「原木切り」などを経験した結果、作業台も欲しくなってきた今日この頃。

色々と調べてみると、ホームセンターでおなじみの低価格の木材である2×4に専用金具を取り付けると、比較的簡単にペイントや軽易な切断作業などができる作業台(ソーホース)が作れるようです。

カリフォルニア工務店さんのブログより

http://blog.sideriver.com/add/2013/02/025-sawhorse-br-702e.html

金具は「ソーホース・ブラケット」という名称でホームセンター若しくはネット通販で購入できるようです。

FULTON社のソーホース・ブラケット

※ネットでは、ワークストリートさん(http://www.work-street.jp/fs/workstreet/tool00330)が価格(2個セットで510円⇒計4個の1020円で作業馬のペアが完成)・送料(一律480円)で、ともに安そうです。

2×4の木材は、肢600mm×8本、上部400mm×2本くらいで作ってみようかと思っています。(価格は、ホームセンターで3650mm(12F)で629円、2440mm(8F)が529円だったので、計1158円といったところでしょうか?)

しかも、上記の金具は上部の板を外せば、肢の部分は折りたためるようになっているようで、収納にも場所をとられずに良さそうです。

ただ、上記のままですと、組み立て・自作は容易にできそうですが、作業内容としては「キノコの種駒打ち」や「原木の玉切り」は丸太がゴロゴロ動いて作業ができない様子です。

そのため「玉切り馬」で再度検索してみると、

打吹天女の里から  ~打吹おやじの戯言~ さんのブログより

http://utubuki.exblog.jp/12982315/

「玉切り馬」は、上部がクロスしていることで、丸太の太さに関わらずに固定され、チェーンソーの刃も通るようです。

「玉切り馬」の上に天板を載せれば、通常DIYにも使用できそうですが、天板分が新たに必要になるのが不都合です。

あれこれ考えているうちに想像したのが、「ソーホース・ブラケット」を使って、1セット×2個のソーホースを作りますが、1セットの上に上下逆さまにした肢を挟めば、上部がクロスして一発解決しそうな気がしてきました。

ただ、安定性に欠けそうで、肢の長さを短くしたり、載せる丸太を細めのものに限定するなどの注意が必要になりそうです。(やってみなければわかりませんが。)

横着せずに自作でやる方法も模索したいところですw

ネットで味のある自作ソーホースの画像を見つけました。

guropiaブログより

http://www.guropia.com/workshop/woodworking/how-to-make-your-own-folding-saw-horses

空想手仕事館