Hatena::Groupsub

空想手仕事館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2015-06-12大工が使う鉛筆には転がりにくい工夫が!? マニアにはたまらない「

大工が使う鉛筆には転がりにくい工夫が!? マニアにはたまらない「つくる文房具展」開催決定!

| 19:50 | 大工が使う鉛筆には転がりにくい工夫が!? マニアにはたまらない「つくる文房具展」開催決定! - 空想手仕事館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 大工が使う鉛筆には転がりにくい工夫が!? マニアにはたまらない「つくる文房具展」開催決定! - 空想手仕事館

文房具も奥が深いですよね☆

 株式会社良品計画が推進する活動「Found MUJI (見出されたMUJI)」。廃れずに活かされてきた日用品を世界中から発掘し、生活・文化・習慣の変化に合わせて少し改良し、適正な価格で再生するという活動だ。同活動の一環として、2015年7月3日(金)より企画展「つくる文房具」の開催が決定した。

 プロが使う文房具は、デスクワークや勉強など、皆が日常で使う文房具とはちょっと違う、特別な機能を備えている。たとえば大工が使う鉛筆は、転がりにくい平たい断面で、木やコンクリートにも書ける濃くて強い芯になっている。

メール便発送OKKOH-I-NOOR【コヒノール】カーペンターペンシルDUO 2in1黒赤鉛筆&黒青鉛筆の2...

 柔らかいテープメジャーは、ファッションデザイナーやパタンナー(デザイン画をもとにファッション分野の型紙を引くことを専門とする職業)の必需品で、身体や曲面の寸法を測るには、面に沿う柔らかさと取り回しの良さが効率のいい仕事を生み出す。

★10センチごとに色分けしてあるカラフルメジャー★カラフルでおしゃれな使いやすい「レインボ...

 立体の寸法を正確に測ることができるノギス(測定器)は、工業デザイナーには欠かせない文房具だ。

●手の平サイズのコンパクトノギス。●最大70mmまでの計測が可能です。アイガーツールマイクロ...

 一つひとつの機能を知ると、「なるほど、これは便利だ!」と使ってみたくなる。企画展「つくる文房具」では、プロの道具を使い、つくる工作の素材も販売される。開催期間は夏休みシーズン。文房具好きだけでなく、工作の宿題や自由研究にも最適な企画展に、家族で訪れてみるのはいかがだろうか。

■企画展「つくる文房具」

期間:2015年7月3日(金)~ 9月10日(木)

店舗:Found MUJI 青山/有楽町/池袋西武/自由が丘/コレド室町/丸井吉祥寺店/テラスモール湘南/グランフロント大阪/神戸BAL/MUJIキャナルシティ博多

<販売予定商品>

マーキングチョーク、絵画用溶き皿、スケッチブック、菊型ケース、超硬芯シャープペン、ウッドマネキン など

※開催店舗、販売予定商品は変更になる場合あり

⇒無印良品「FoundMUJI」

http://www.muji.net/foundmuji/

空想手仕事館

2015-06-09一流料亭の料理人や寿司職人が愛用 親子4代で製作の玉子焼鍋

一流料亭の料理人や寿司職人が愛用 親子4代で製作の玉子焼鍋

| 16:51 | 一流料亭の料理人や寿司職人が愛用 親子4代で製作の玉子焼鍋 - 空想手仕事館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 一流料亭の料理人や寿司職人が愛用 親子4代で製作の玉子焼鍋 - 空想手仕事館

玉子焼鍋?は、素人ではそんなに使用頻度が高くないので、購入するには敷居が高い気もしますが、、、

 東京の下町・足立区にある大正初期創業の中村銅器製作所は、4代にわたり銅鍋を作製し続けている。

卵焼き フライパン 日本製おまけ特典【送料無料】老舗の工房《中村銅器製作所》銅製 卵焼き器 ...

 いちばん人気の玉子焼鍋は、プロの料理人たちに愛用され、代々受け継がれることも多い。焼け落ちた取っ手の修理や、剥げた錫の塗り直しを持ち込まれることもしばしばだ。

「銅素材は熱伝導性と保温性に優れ、料理道具に適しています。ムラなく均一に熱が通るため、焼きムラや焦げつきが生じにくい。鉄やステンレス、シルバーストーンの鍋などと使い比べていただくと違いは歴然。玉子焼は、外はふんわりふっくら、中はしっとり焼き上がりますよ」と語るのは、3代目の中村恵一さん。

 玉子焼鍋は、まず銅板を折り曲げ、四角を溶接でつなげ、内側に錫を焼きつける。銅鍋に錫を焼きつけるのは緑青の発生を防ぐためで、メッキよりも厚く仕上がり、耐久性も上がる。焼きつけに使用している年季の入ったガス台は、家庭用のガスコンロだ。

「錫を溶かすために銅鍋を230℃まで熱し、銅鍋に錫を焼きつけ続けます。銅鍋の温度が上がりすぎると、今のガスコンロは自然に火が落ちてしまうので、作業が中断されるのが残念です。家庭用としては、火事を防ぐために必要な機能なんでしょうが…。ガスコンロは酷使するので半年ごとに買い替えています」

 と、ほほ笑みながら中村さんは黙々と作業を続ける。また、作業所にある窓はほぼ閉め切って作業を行う。

「錫を伸ばすのに使う真綿が風で流れて、火がついてしまっては大変ですからね。夏場は43℃くらいにはなります」

 プロ御用達の銅鍋は過酷な作業場で作られているのだ。使用後は洗剤を使わず、スポンジなどで水洗いし、油をなじませて保管してほしい。

「せっかく鍋になじんだ油分を洗い流すのはもったいない。そのように保管すれば使い込むほど状態がよくなります」

 大切に使いながら育てる、一生ものの鍋。親から子へ譲り渡す鍋としてもおすすめだ。

※女性セブン2015年6月18日

プロの料理人のようにカッコよく作ってみたいものです☆

空想手仕事館