Hatena::Groupsub

空想手仕事館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2013-05-07「鉈」(ナタ)- 男のギアにソソられる♪

「鉈」(ナタ)- 男のギアにソソられる♪

| 20:53 | 「鉈」(ナタ)- 男のギアにソソられる♪ - 空想手仕事館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「鉈」(ナタ)- 男のギアにソソられる♪ - 空想手仕事館

タケノコ掘り用に購入した「折りたたみ式スコップ」ですが、いくらも掘らないうちに接続部分が折れてしまい使用不能となってしまっていますw

それ以後は100均で購入した「スコップ」でタケノコの周りを掘ったうえで、折りたたみ式のノコギリで1/3程度切れ目を入れて、最後は足でゆっくり力を入れて蹴り折るという方法でタケノコを掘っています。

ただ、ノコギリは刃長が長く小回りが利きにくいこと、刃が薄いこと、刃の間にタケノコの瑞々しい削りかすが挟まることから、ナイフが欲しいなと思う今日この頃です。

そこで里山ライフをエンジョイするためのナイフを探してみました☆

まず、タケノコや植物を採取するのに適したものとして、「鉈」(ナタ)を検討してみました。

秋田マタギが使用する山刀(ながさ)7寸(右利き用:写真の左から2番目) - 西根鍛冶店より16,800円(送料別。ちなみに関東地方で700円。)

「藪払い」のような「鉈」本来の使い方だけでなく、狩猟により捕らえた獲物を処理するのにも向いていそうな雰囲気です☆

職人の手作りの一点もので、この値段は“買い”ですね!

しかし、研ぎ方も知らない自分には欲張りすぎかな?ということで、amazonで2千円前後のものもチェックしてみましたw

オーソドックスな「鉈」の形状は右端のものですが、上記のものは根切り用にスクエアになっている刃先部分にも刃がついているので、タケノコ掘りのときなどは、そのまま突いてやればサクサク切り折れそうな気がします☆

真ん中の2個は、スコップの両側に刃がついているイメージで、土を掘るのに適した形状となっていることと、刃の1辺が「波刃」になっているため、植物の根切りに適しているようです。

全般的に、この価格帯の商品は持ち手部分や鞘(さや)がプラスチックで強度に劣ることと、切れ味が今ひとつなところが弱点のようですが、価格を考えると十二分にコストパフォーマンスの高い商品である模様です。

道具は、メンテナンスが重要であるということで、プロ推奨の砥石の情報も併せてチェックしてみました☆

KING 高級刃物用砥石 標準型 #1000 中仕上用 DX-1000

プロが推奨するのは、「キング砥石」という商品で、ある程度の大きさで、#1000 中仕上用が、最も使用頻度の高いものであるようです。

砥石はある程度の大きさがないと、一度に研げる長さが短くなり、結果的にうまくないようです。

砥いだら、水分をすばやく拭き取り、油を塗って保管するということが必要になるようです。

ベニサン 刃物御手入油 錆艶出専用 黄 210ML

自分の場合は、深山に分け入り、獲物を捌いたり、、、という使い方とは無縁だと思いますので、長く使える小型のものが良さそうな気がします。

使い方も、タケノコ掘り、山菜採り、燻製用に木を削ったり、、、という程度なので、よくよく検討して条件に見合うものをチョイスしたいと思っています。

空想手仕事館