Hatena::Groupsub

空想手仕事館 このページをアンテナに追加 RSSフィード


2013-03-17割れ対策

割れ対策

| 19:21 | 割れ対策 - 空想手仕事館 を含むブックマーク はてなブックマーク - 割れ対策 - 空想手仕事館

桜の直径13cm×40cm長の原木を調達しました。

このまま置いておくと確実に木口が割れるため、対応策を調べてみました。

ガラスコート剤というものが各種出ており、これを木口や芯部分に塗るとガラス皮膜ができて乾燥を防ぐため、効果的であり、湯のみのようなものでも比較的人体に影響が少ない模様です。

ただし、どの商品も単品の分量が多く、個人が趣味で使用するにはボリュームが多すぎるようです。また、メーカーは個人との直接取引をせず、購入は商社や取り扱い販社などを通じて購入しなければならないケースもほとんどのようです。

これでは不都合であるため、更に調べてみると、製材所などでも行っている方法で誰でも取りかかれるものがありましたので、ご紹介しておきます。

その方法とは、木工用ボンドを水で薄めて木口および芯部へ塗布するというものです。木工用ボンドは水性のおなじみのものでよいようなので、文房具用品売り場で普通に安価に購入できそうです。

ただ、生木の丸太は相当に芯部分が引っ張られるようなので、木工用ボンドでこれが防げるのか?半信半疑なところです。

とりあえず今回やってみて様子見したいと思います。

※後日談

片方の木口に木工用ボンドを塗って放置しておいたところ、塗っていないもう片方の木口の辺材部に、放射状に「ス」が入っていました。(心材部はなんともなし。)

→木口の両面にボンドを塗って、樹皮からゆっくりと乾燥させるようにしないとダメな気がします。

空想手仕事館