VB.NET覚書

VB.NETの覚書
[個人メモ] [仕事メモ] [アイデア] [Ruby]
[TIPS] [対応表] [コメント書き方] [.NET Tips] [VB中学校] [VB.NET の入門サイト] [VB.NET コーディング標準 ] [VBレスキュー] [NonSoft]

2013-11-12

静的メソッド

Shared Functionにすることで、オブジェクトを作らなくても直接呼び出し可能

しかし、Startメソッドが含まれていたMyApplicationクラスオブジェクト作成する者が誰もいません。そんなときに備えて(というわけでもないのですが)、多くのオブジェクト指向言語には「静的メソッド」という、抜け道ともいえる機能が用意されています

 静的メソッドとは、メソッド定義にstatic(VB.NETではShared)を付けたものです。これを付けておくと、そのメソッドが含まれているクラスインスタンス化してオブジェクト作成しなくても、直接そのメソッドを呼び出すことができるようになります

連載 オブジェクト指向プログラミング超入門:第2回 クラスの定義からプログラム実行まで (3/3) - @IT

Public Class ClsUty
    ''' <summary>
    ''' 実行ファイルのパスを返す
    ''' </summary>
    Public Shared Function GetAppPath() As String
        Return System.IO.Path.GetDirectoryName( _
            System.Reflection.Assembly.GetExecutingAssembly().Location)
    End Function
    ''' <summary>
    ''' ファイルが存在するか確認する
    ''' </summary>
    ''' <param name="filename">ファイル名</param>
    Public Shared Function dir(filename)

        If System.IO.File.Exists(filename) Then
            Return True
        Else
            Return False
        End If
    End Function

End Class

トラックバック - http://sub.g.hatena.ne.jp/garyo/20131112