VB.NET覚書

VB.NETの覚書
[個人メモ] [仕事メモ] [アイデア] [Ruby]
[TIPS] [対応表] [コメント書き方] [.NET Tips] [VB中学校] [VB.NET の入門サイト] [VB.NET コーディング標準 ] [VBレスキュー] [NonSoft]

2012-09-27

VB.netNIのGPIB制御

以下で紹介されていました。試してみたいと思います

http://kinopy.info/kinopy/2010/12/%E3%83%89%E3%83%83%E3%83%88net%E7%B3%BB%E3%81%AE%E9%96%8B%E7%99%BA%E8%A8%80%E8%AA%9E%E3%81%A7gp-ib%E3%82%92%E5%8B%95%E3%81%8B%E3%81%99%E3%80%82/

自分自身の覚書という意味合いで、Ni社のGP-IBインターフェースを使った時のGP-IBプログラミング例を記しておこうと思う。

NationalInstruments.NI4882.dll及びNationalInstruments.Common.dllを参照した上で、下記のコード記述する。

[VB.NET]

Imports NationalInstruments.NI4882

Public Class Form1

Private GPIBDevice As Device

Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load

GPIBDevice = New Device(0, 26)  ’この場合は、タイムアウトが設定できない。タイムアウトを設定する場合、Device(0,26,0,タイムアウト時間)という記述になる。

GPIBDevice.Write(“*IDN?”)

MsgBox(GPIBDevice.ReadString(200))

End Sub

End Class

トラックバック - http://sub.g.hatena.ne.jp/garyo/20120927